出国税とは?いつから施行?税率は?外国人観光客だけでなく日本人も対象になるの?

出国税とは?いつから?税率は?海外旅行に行く日本人も対象?

今、日本から出国する人に課す税金「出国税」が話題になっていますね!

キッカケは石井啓一国土交通相の次の表明でした。

「2017年9月12日、2020年に来日する外国人客を4千万人に増やす目標を達成するための財源としえて、日本から出る人に課す「出国税」を含めた新しい財源確保策を検討する」

ではではこの出国税とはどのようなものなのか以下で解説していきます。

スポンサーリンク

出国税とは

日本から出国する人に課す税金。

訪日していた旅行帰りの観光客が主な対象となる。

徴収の形式は検討中で、税金という形ではなく航空券代に上乗せする「納付金」として実現することも視野にいれている模様。

徴収の対象は?

徴収の対象は観光客。

訪日外国人をメインターゲットとしており、旅行などで出国する日本人も徴収の対象とするかどうかは検討中とのこと。

日本人も対象に含めた場合、日本人が海外旅行に行く際に余計な費用がかかることになるため嫌がる人や業界(旅行業界)が存在する。

旅行会社は海外旅行をする人が減ることを懸念している模様。

税率は?

出国税の税率は現在未定です。

情報が入り次第、更新しますね。

出国税が導入されている国

豪州(オーストラリア)で出国税は導入されています。

韓国にも同様の制度があります。

メキシコには徴収の対象を外国人観光客に限った「旅行者税」があります。

いつから施行される?

施行時期は未定です。

2017年秋には出国税の具体案を示したいと石井さんが言っているようなので、施行は1年以上先になると思われます。

法律が可決され施行の時期が分かった段階で情報更新しますね。

ネット上の声




このようにネット上では出国税への反対の意見が多数を占めていました。

まとめ

今度は出国税か…

次から次へと税金が増えていって何がなんだか分からなくなりそうですね…

バラバラと税金とるんじゃなくてまとめて徴収する仕組みにしてほしい!

あと税金の無駄遣いやめて!本当に!

ベーシックインカムを採用することで、不要な業務や人員を削除してもっと分かりやすくスリムにしてほしい!

何から何まで国が面倒みることないよ!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする