欅坂46にハマったキッカケは東海オンエアとしみつの不協和音!

WS007025

最近欅坂46にハマり中なのですが、なぜハマったのかそのキッカケをお話しようと思います。

もともとアイドルになどまったく興味がなかった私が、欅坂46にハマったキッカケとは、、、

スポンサーリンク

はじまりは東海オンエアとしみつの不協和音

2017年の6月上旬、いつものようにネットサーフィンしながらYOUTUBEを眺めてたら、、、

欅坂46のダンスって素人が考えても見分けつかないんじゃね?

というタイトルの動画をYOUTUBEで見つけました。

当時の私は、欅坂46は名前だけ知ってたけどメンバーはもちろん曲名さえもまったくわからない状況でした。

「素人でも振り付けできるような簡単なダンスなのかな?」

と興味を引かれて見てみることにしました。

その動画がこちら↓↓

この動画を見て、単純に面白かったので…

「本家の欅坂46の不協和音も見てみたい」

と思いYOUTUBEの関連動画に表示されている欅坂46の不協和音をポチっと押しました。

欅坂46の「不協和音」を見てセンターの子の存在感に衝撃を受ける

東海オンエアのとしみつのダンスがあまり格好よくなかった(面白かったけど)ので全然期待してなかったのですが、その予想は見事に裏切られることになります。

私が見た欅坂46の不協和音の動画はこちら↓
(欅坂46の公式チャンネルが動画をUPしています)

この不協和音のPVを見た感想は…

「センターの子のオーラがヤバイ!!」

「ってかメチャメチャかっこいいじゃん!」

です。

PV全体的に衝撃を受けたのですが、なんといってもセンターの子の表現力と存在感。

そこらの下手な女優では足元にも及ばない…

そうです、センターの子に限ってはアイドルではなく女優っぽいな!と思ったのが第一印象です。

この時ばかりはアイドルを完全にナメてた自分を反省しましたね。

髪を振り乱す平手友梨奈(てち)15才

髪を振り乱すセンター平手友梨奈(てち)15才

不協和音で全員でジャンプ

全員でジャンプ!かっけー!

真ん中が平手友梨奈!この画像だと良く見えないけど動画だとメチャクチャかっこいい!

真ん中が平手友梨奈!この画像だと良く見えないけど動画だとメチャクチャかっこいい!

センター平手友梨奈が嘲笑するシーン

センター平手友梨奈が嘲笑するシーン!普通15才でこの表情できないって…

これが欅坂46不動のセンター平手友梨奈(愛称:てち)とのはじめてにして衝撃的な出会いでした。

これをキッカケに、欅坂46にドップリハマっていくことになるとはこの時は思いませんでした。

ちなみにこの時はこの不協和音のPVを10回くらいリピートして見てました。笑

その後、関連動画に表示されている「サイレントマジョリティー」という動画を見ることになるのですが、これが私が欅坂46のファンになることを決定づけることになることを当時の私はまだ知りません。

不協和音に対する芸能人の声



歴代最高を記録した「サイレントマジョリティー」にハマる

不協和音のあとに見た動画がこの「サイレントマジョリティー」という動画です。↓↓

この動画をみた感想

「歌詞がいい!」

「曲もいい!」

です。

1日中フルリピートで見てました。

振り付けまでは覚えられなかったが、歌はすぐにカラオケえ歌えるレベルで覚えました。

歌詞がめちゃいいんですよ。

「大衆に埋もれてていいのか!世の中の常識に立ち向かえ!」

的なメッセージが込められていて、なんか自分にピッタリ。

仕事でカベにぶつかった時や決断を迫らる時などは毎回サイマジョ(サイレントマジョリティーの略)の歌詞を思い出してから決断するようにしています。

大勢と一緒って自分で考えなくいいので楽で安心ですけど、そこに価値はないですからね。

この考え方って仕事をする上ですごく活かせると思ってます。

周りと同じように仕事をするのか?工夫してちょっと違うことをするのか?

みんなと同じ期間で完成させるのか?みんなより少し早く完成させるのか?

「みんなと同じにしてると良い意味でも悪い意味でも結果は同じ。」

「違う結果を求めるのであれば、みんなと違うことをするべき!」

日ごろからそう思っている私にとってこのサイレントマジョリティーという曲は、自分の人生のテーマとしている「脱その他大勢!」を代弁しているかのような曲です。

マジで好きですこの曲!!

ちなみにこのサイレントマジョリティーは

女性アーティストのデビューシングル初週売り上げ歴代1位
(5日間の推定売上枚数:25万434枚)

という素晴らしい記録を持っていることを後々知ることになります。

あと、サイレントマジョリティーのミュージックビデオ(Youtube)は公開されてから一ヶ月足らずで400万回再生されるなど当時(2016年4月頃)から相当注目されていたようです。
(ちなみにこの記事を書いている2017/8/26時点の再生回数は7,152万回です。ヤバっ!)

サイレントマジョリティーに対する芸能人の声




そして名曲二人セゾンへ!

二人セゾンは楽曲が素晴らしいです。

欅坂46の楽曲はホント素晴らしいものが多く、芸能界にも彼女たちのファンは多いです。

二人セゾンに対する芸能人の声

サイレントマジョリティーだけでなく、二人セゾンのCDも購入。

THE YELLOW MONKEY 吉井和哉 



間奏部分のセンター平手友梨奈のソロダンスも感情がモロに乗っかっていて感動するレベルです。

「欅って、書けない?」でてち以外のメンバー全員を覚える

もうここまで来ると欅坂46のすべてが知りたいってことで、彼女らがレギュラーを勤める番組を見始めました。

今までは、「欅坂46が好きっ」ていうよりは「平手友梨奈が凄い」って感覚だったのですが、「欅って、かけない?」を見ることで個々のメンバーのことを深く知り、よりいっそう欅坂46というグループが好きになりました。

ちなみに「欅って、書けない」はネット配信されておらずDVDも発売されていないため、リアルタイムで見るか、録画しておくしかありません。

ちなみに、私は全話録画していた友人に借りて見ました。(youtubeなどに違法アップロードされているので、検索して探せば見ることもできますがオススメはしません)

2017/8/26時点では92話まで放送されています。

日曜深夜0時35分からテレビ東京にて放送中です。

KEYABINGO & KEYAROOM

KEYABINGO(ケヤビンゴ)は2016年から日テレで放送されている欅坂46がレギュラーのバラエティ番組です。

2017/8/26時点ではKEYABINGO3の6話まで放送されています。

ドッキリ企画、イケメン選手権、原宿でのゲリラライブなど欅坂46のメンバーが様々な企画に挑戦している番組です。

バラエティではオダナナというメンバーがいい味出しまくってます。

完全に欅坂46のお笑い担当ですね。(これ褒め言葉)

あとKEYABINGOでは上記の「欅って、書けない?」の時よりもメンバーがイキイキしているように見えるんですよね。(気のせいかな?)

あと、KEYABINGOのCパートのような位置づけのKEYAROOM(ケヤルーム)という番組があります。

このKEYAROOMはテレビでは見ることはできず、Fuluという動画配信サイトでのみ見ることができます。

メンバーがプライベートのパジャマ姿でプライベート写真やパジャマ紹介などをまったりとした雰囲気の中でします。

このゆるさがファンにはたまらないですね~

欅坂46好きの芸能人のコメント

ミュージシャン

大森靖子
「(欅坂の曲を聞いて)『あぁ私、仕事なくなっちゃったかな』って思った。それくらい強烈な感じだった」

ケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ・作曲)
「最近はもう、欅坂とヒップホップ以外聞いてない」

スガシカオ
「朝ラン 気分爽快 君はセゾン~」

西川貴教(T.M.Revolution)
「サイマジョの歌詞がいいんだよね(と紅白裏実況で熱唱)」

ピエール中野(凛として時雨)
「今夜は第1回欅坂46好きが集まる会をしてきます」

平井堅
「サイレントマジョリティーはですね、好きですねぇ~秋元康腹立つわ~」

森山直太朗
「二人セゾン、感動した」

吉井和哉(THE YELLOWMONKEY)
「サイレントマジョリティに犯されましたwCD買いました、カップリングも良かった」

お笑い芸人

明石家さんま
「欅坂のダンスはカッコええなぁ。新曲も評判ええらしいな」

いとうあさこ
「とにかく!曲がいいんです。夢中なんです、私」

太田光(爆笑問題)
「サイレントマジョリティーって曲が好きで何度も聴いている」

内村光良(ウッチャンナンチャン)
「楽屋で『不協和音』の真似をした。今ちょっと好きでね」

古坂大魔王(ピコ太郎P)
「(二人セゾン)この曲は何十年も後まで残ります」

志村けん
ハライチ澤部が番組内で「志村さんも(けやかけを)見てるって言ってたから!」と発言。

俳優

木下ほうか(イヤミ課長)
「不協和音の振付け、震えるほどカッチョいい」

広瀬すず
「めっちゃ応援したくなる。欅坂一番興味ある」

前田敦子
「仲良しの(アナウンサーの)田中みな実ちゃんが最初からの欅坂ファンで、その影響で私も好きになりましたw」

吉岡里帆
「(『不協和音』は)どれだけの若者を救うんだろうか…僕は好きだ!」

声優

梶裕貴(進撃のエレン役)
「センターの平手さんすごいなあ~CD買っちゃいました」

堀江由衣
「平手ちゃんのtypeAが売り切れたら嫌だから発売日にサイマジョ買った」

タレント

小島瑠璃子
「今さらながらサイレントマジョリティーにハマった」

野呂佳代
「二人セゾンが流れた途端に欅坂ファンになった。私の魂ごと吸い込まれるような曲」

ベッキー
「2016年1番ハマった人は欅坂ちゃん! 二人セゾン本当に凄い名曲!」

道重さゆみ
「欅坂は新たなアイドルの形を作っている。センターの平手ちゃんの説得力が半端ない」

文化人

宇野常寛(評論家)
「サイマジョは歌謡曲作家としての秋元康の本気を久々に見た感じがする」

小林よしのり(漫画家)
「欅坂46の『二人セゾン』がゾッとするほどの神曲だ。有無を言わせぬ凄い楽曲があるんだなと感心した」

篠山紀信(写真家)
「(最近もっとも印象に残った被写体として平手の名をあげ)とにかく表情が素晴らしかった」

渋谷陽一(音楽評論家/ロッキン・オン社長)
「欅坂は自分がcountdown Japanに呼んだ」

杉作J太郎 (サブカルライター)
「コンビニで曲が流れてきて『なんだ!この素晴らしい曲は!』と思ったら欅坂の曲で、以来大ファンになった」

柳美里(芥川賞作家)
「平手友梨奈はこの30年で最もインパクトのある女の子。彼女はナウシカに似ている」

スポーツ選手

入江陵介(五輪背泳ぎ・銀メダリスト)
「頭の中でサイレントマジョリティーがずっと流れている」

平手美宇(卓球アジア選手権・優勝)
「こんな時はサイマジョ🎧😶」

まとめ

以上、私が欅坂46にハマッたきっかけと辿った道を時系列で書いてみました。

まさかアイドルオタクを毛嫌いしていた私がこんなにアイドルにハマることになるなんて…

すべては東海オンエアのとしみつのせいだよ…

ありがとう。笑

まだ、握手会やライブに行ったことはないので今後ぜひ行ってみたいと思います。(一緒に行ってくれる人募集中ですwww。1人だとなかなか勇気が出ない…)

「欅坂46って聞いたことあるけど見たことない」という人がこの記事キッカケに少しでも興味持ってくれたらいいな~と思って書きました。

最後までお読みいただきありがとうございました。